カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


【東日本大震災】 復興支援グッズ カタログ(マグカップ、バッジ、アクセサリー)など

東日本大震災復興支援チャリティーグッズ カタログ(マグカップ、バッジ、アクセサリー)など


3.11の東北日本大震災復興支援チャリティーの一環で、【LoveSaveJapan】という山梨県とニューヨークの震災支援の団体が、チャリティーグッズを扱っています。
主に南相馬市や宮城の子供達の支援をしています。
【東日本大震災】 復興支援グッズ カタログ


上の画像はLoveSaveJapanが取り扱っているチャリティーグッズの一つです。
売上げは寄付として親を亡くした子供達の支援に使われています。
また、このようなグッズの販売代理店(個人でも可)も募集しており、その数も増え続けています。
パンフレット設置店の協力も多数寄せられ、東北はもちろん、南は沖縄まで広がっています。
バッジは一個¥250で個人でも負担なく支援することができます。
これ以外にもステッカーやマグカップ、絵葉書やペンダント、iphoneケースなど多数あります。


311【東日本大震災】 復興支援グッズ カタログ一覧
311【東日本大震災】 復興支援グッズ カタログ全国発送できる
【東日本大震災】 復興支援グッズ カタログipadiphonハードケースジャケット津軽塗り


チャリティーイベントにて集まった募金は南相馬市津波遺児支援基金として寄付されます。
残りは、毎月幼稚園と保育園に送っている飲料水代としています。
さらに、外でなかなか遊ぶことのできない環境を配慮し室内で遊べる積み木などのプレゼントも行っています。
震災直後の復興支援も大事ですが、継続して続けていくLOVESAVEJAPANのような活動も必要です。
福島宮城復興支援チャリティーグッズカタログ一覧


福島宮城震災復興支援個人協力できるチャリティーグッズカタログ一覧



グッズもただの商品としてではなく、しっかり思いいれのあるものです。
全国発送も可能です。

絵葉書


「水辺の風系を求めて」というタイトルの絵葉書で、震災前の宮城県沿岸の風景が描かれています。
作者は山田昇さんとおっしゃいまして、震災のあった年にご病気で亡くなられています。
奥様が遺作を絵葉書にし、売上金の全てをこどもとあゆむネットワークというところへ寄付し震災で被害を受けた子供たちのために役立てています。
津波に襲われる前の美しい風系を優しい水彩の優しいタッチで描いています。
値段は7枚セットで700円、バラ売りもします。
東日本大震災311復興支援チャリティーグッズ全国発送カタログ一覧


みやぎ復興ガラスペンダント


後藤洋一さんとおっしゃるガラス工芸家の方が、被災地の瓦礫の中からガラスを拾い集めて、その中に被災地の砂の閉じ込めたペンダントです。
形も模様も同じものは一つもありません。
東日本大震災福島県南相馬宮城など復興支援活動グッズ
宮城福島東北震災復興支援チャリティーグッズカタログ一覧



チャリティーグッズの一部紹介でしたが、パンフレットも用意してあるそうなので、ご協力いただける方は株式会社A-Museさんまでメールで連絡をいただければということです。
パンフレット設置のご協力以外にも、ツイッターやフェイスブックなどでこの情報を広めていただけるだけでもかまいません。
よろしくお願いいたします。




【LOVESAVEJAPANチャリティーグッズお問い合わせ窓口】
●A-Muse
〒981-3122
住所:宮城県仙台市泉区加茂1-31-9
TEL:022-377-0623
MAIL:plahana@watch.ocn.ne.jp
HP:http://a-muse-fashion-cojp.ssl-netowl.jp/lsj/
LOVESAVEJAPANフェイスブックページ:https://www.facebook.com/lovesavejapan.yamanashi


スポンサーサイト
(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 震災復興支援の継続

東北東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 震災復興支援協力


3.11東日本大震災の復興支援の一つ、山梨とニューヨークの協同団体「LOVE SAVE JAPAN」というものがります。
震災直後から現在に至るまで支援し続けている数少ない団体です。
東北東日本大震災復興支援チャリティーグッズ


主な活動は津波で親を亡くした子供達への支援活動。
例えば、飲み水に困っている幼稚園保育園などにミネラルウォーターを送ったり、チャリティーイベントでの収益や募金を南相馬市へ寄付したりしています。
もちろん、寄せられた寄付金は透明でフェイスブックでは事細かに公開しています。
東北復興支援チャリティーグッズ販売代理店募集


写真中央の女性がLOVE SAVE JAPANの窓口となっている阿部恵さんです。
彼女は福島から山梨へ避難し、そこで開かれたチャリティーイベントなどにも積極的に参加。
今では、津波で親を亡くした子供達のために支援する側の立場となりました。
そして、LOVE SAVE JAPANのチャリティーグッズの窓口(A-muse)として活躍されています。




チャリティーグッズの紹介


グッズには様々な種類があります。
・マグカップ
・ストラップ
・キーホルダー
・バッジ
・ペンダント
・iphone、ipad(またはipad mini)ハードケース
・絵葉書
など


東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 震災復興支援の継続
東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置グッズ取扱い店募集
東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 販売代理店募集


これらは、地元工芸品や陶芸家などとコラボして作られたもので、その売上げの一部が寄付として先ほどご紹介ような使い方をされます。
現在ではパンフレット設置店の協力が多数寄せられ、東北はもちろん、南は沖縄まで広がっています。
3.11東日本大震災の復興支援の一つ、山梨とニューヨークの協同団体


チャリティーグッズの購入もですが、パンフレット設置やtiwtterやフェイスブックでの情報発信のご協力も一つの支援だと考えています。
この記事を読んでくださった方々にもお願いしたいと思います。




【お問い合わせ窓口】
●A-Muse
〒981-3122
住所:宮城県仙台市泉区加茂1-31-9
TEL:022-377-0623
MAIL:plahana@watch.ocn.ne.jp
HP:http://a-muse-fashion-cojp.ssl-netowl.jp/lsj/
「LoveSaveJapan」フェイスブックページ



(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

【被災者支援】面白い変わったデザイン柄 和風アイフォン・アイパッドケース(ミニ)・ジャケットハードケース

被災者支援面白い変わったデザイン 和風アイフォンアイパッドケース(ミニ)・ジャケットハードケース


復興支援商品として青森発の地元の工芸、手法を用いた、青森の伝統工芸津軽塗で作ったiPad(miniもあり)ケース、iPhoneケースがあります。
面白い変わったデザイン柄ipadiphonハードケースジャケット


このアイフォンケースの売上げの一部は、、3.11の東日本大震災において津波で親を亡くした子供達へチャリティーとして送られます。
山梨県とアメリカのニューヨークの支援団体「LoveSaveJapan」がこういった活動をしており、震災直後から今もなお継続して支援し続けています。
震災直後はこういった活動は全国的に行われていたものの、時が経つと薄れていくものです。
また、チャリティーグッズも多彩で取り扱い店、販売代理店を募集しています。
詳しくは記事最後のお問い合わせまで。


津軽塗は、300年の歴史があり、寛文年間(1600年代末~1700年初頭)の頃、二代目池田源兵衛という方が津軽独自の漆法を生み出したものが始まりといわれています。
1975年、日本の伝統工芸品に指定され、高く評価されています。
津軽塗は、ひばの素地に布を着せ、漆液を四十数回も漆重ねてから砥石で紋様を砥ぎ出し、磨きに磨き上げ、何十日以上も要して仕上げるものです。


職人が一つ一つ手作りで作業を行うため、最大生産は月50個まで。
また、生産には現在4週~6週(乾燥状況によるため、季節や気温により仕上がりに時間差あり)かかるそうです。
ケース裏側には津軽塗職人の松山昇二さんの印である昇の字を印として付与。


【商品内容】
ケース本体 FRP 
商品取り扱い説明、ケース拭き用の布、簡単な保護シール(画面用)付
ENDS project オリジナル梱包


【ケース販売価格】  
iPHONE5用 ・・・・3880円(税込)
iPAD MINI・・・・・6880円(税込)
iPAD ・・・・・・・8880円(税込)


山梨県においては、子供から学生、企業なども積極的に参加してくださっています。
寄せられた寄付金は特に保育園への飲み水として送られたり、南相馬市へも送られます。
復興支援ブームは去り、お金儲け目的の活動は消え、本当に想いのあるところだけが今こうやって活動を続けているのだと思います。
東北大震災311j復興支援グッズiphon・ipadハードケース


宮城福島復興支援チャリティーグッズアイフォンアイパッドケース


パンフレットの設置やチャリティーグッズの販売代理店も募集しているそうです。
今、全国的で鍼灸院やスポーツジム、ダイビングスクール、英会話教室、美容院、飲食店など様々なところが設置協力をしてくださっています。




【お問い合わせ窓口】
●株式会社A-Muse
〒981-3122
住所:宮城県仙台市泉区加茂1-31-9
TEL:022-377-0623
MAIL:plahana@watch.ocn.ne.jp
HP:http://a-muse-fashion-cojp.ssl-netowl.jp/lsj/
「LoveSaveJapan」フェイスブックページ

(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。