震災などによる停電、街灯のないところでも安全!屋内屋外暗いところで光る蓄光塗料で塗装!

震災などによる停電、街灯のないところでも安全!屋内屋外暗いところで光る蓄光塗料塗装


山梨県笛吹市にあるアマノ塗装店。
震災による停電や街灯のない暗いところで人が転んだりケガをしたりと、2次災害を防ぐために「蓄光塗料」を始めました。
先日も山梨放送でその様子が放送されました。





街灯のない河川に架かる橋や車庫、屋外だけでなく室内に塗装すれば停電の時にはとても安全です。
懐中電灯を探しに行くことすらままならないですからね。


一戸建て単位で塗装するのもいいですが、市町村や自治体など街レベルでこういった震災の一環としての対策をするのもいいのではないでしょうか?




(有)アマノ塗装店
〒406-0034
山梨県笛吹市石和町唐柏142-3
TEL:055-263-0756
HP:http://www.amano-ts.jp/




スポンサーサイト
(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 震災復興支援の継続

東北東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 震災復興支援協力


3.11東日本大震災の復興支援の一つ、山梨とニューヨークの協同団体「LOVE SAVE JAPAN」というものがります。
震災直後から現在に至るまで支援し続けている数少ない団体です。
東北東日本大震災復興支援チャリティーグッズ


主な活動は津波で親を亡くした子供達への支援活動。
例えば、飲み水に困っている幼稚園保育園などにミネラルウォーターを送ったり、チャリティーイベントでの収益や募金を南相馬市へ寄付したりしています。
もちろん、寄せられた寄付金は透明でフェイスブックでは事細かに公開しています。
東北復興支援チャリティーグッズ販売代理店募集


写真中央の女性がLOVE SAVE JAPANの窓口となっている阿部恵さんです。
彼女は福島から山梨へ避難し、そこで開かれたチャリティーイベントなどにも積極的に参加。
今では、津波で親を亡くした子供達のために支援する側の立場となりました。
そして、LOVE SAVE JAPANのチャリティーグッズの窓口(A-muse)として活躍されています。




チャリティーグッズの紹介


グッズには様々な種類があります。
・マグカップ
・ストラップ
・キーホルダー
・バッジ
・ペンダント
・iphone、ipad(またはipad mini)ハードケース
・絵葉書
など


東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 震災復興支援の継続
東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置グッズ取扱い店募集
東北・東日本チャリティーグッズ パンフレット設置など 販売代理店募集


これらは、地元工芸品や陶芸家などとコラボして作られたもので、その売上げの一部が寄付として先ほどご紹介ような使い方をされます。
現在ではパンフレット設置店の協力が多数寄せられ、東北はもちろん、南は沖縄まで広がっています。
3.11東日本大震災の復興支援の一つ、山梨とニューヨークの協同団体


チャリティーグッズの購入もですが、パンフレット設置やtiwtterやフェイスブックでの情報発信のご協力も一つの支援だと考えています。
この記事を読んでくださった方々にもお願いしたいと思います。




【お問い合わせ窓口】
●A-Muse
〒981-3122
住所:宮城県仙台市泉区加茂1-31-9
TEL:022-377-0623
MAIL:plahana@watch.ocn.ne.jp
HP:http://a-muse-fashion-cojp.ssl-netowl.jp/lsj/
「LoveSaveJapan」フェイスブックページ



(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。