ネット選挙解禁!勝つためのインターネットからの選挙活動広報PRサポート

ネット選挙解禁!勝つためのインターネットからの選挙活動広報PRサポート


ネット選挙が解禁されると
ホームページ、ツイッター、フェイスブックなどを選挙期間中も利用できるようなり、電子メールによる選挙運動は政党と候補者に限定されるがこれも解禁となります。


では、公示前はどうでしょうか?
告示(公示)前は、「政治活動」しかできず「選挙運動」を行うことはできません。
では、選挙運動と政治活動とはどのように違うのでしょうか。
明確な定義づけはありませんが、「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的とする行為」が、選挙運動で
「政党その他の政治団体等が政策の普及宣伝、党勢拡張などを行うことであり、特定の候補者の当選を得るための行為ではない」ことが政治活動であるとされています。
しかし、実際には「政治活動」と「選挙運動」の区別は難しく、政治活動という名目で事前運動が行われることが多いですので注意しなければなりません。
候補者が所属している政党支部としての活動や、その他の政治団体として届け出ている団体(後援会組織団体)の活動がこの「政治活動」にあてはまります。
選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイトより引用



自民党は12日午前の総務会で、夏の参院選からインターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案を了承した。
公明党、日本維新の会とともに、13日にも衆院に共同提出する方針だ。生活の党、社民党、新党改革、みどりの風も賛成する意向を示しており、今国会での成立は確実とみられる。

同法案は、ホームページ、ブログのほか、簡易投稿サイト「ツイッター」、会員制交流サイト「フェイスブック」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を含めたウェブサイトで、選挙期間中、誰でも特定の候補者への投票などを呼びかけられるようにする内容だ。
※読売新聞 3月12日(火)12時39分配信より


さて、このネット選挙が解禁されるとわたしどものネット選挙サポートが実行されます。
選挙が行われる時期に合わせて、候補者の情報をインターネット上に上げていきます。
その選挙区や他のライバル候補者の情報を探してもその中にサポートを依頼された候補者の情報がいくつも出てくるように仕掛けます。
また、地域問題等TVや新聞などでも取り上げられ注目を浴びている様々な話題にもリンクさせ、候補者のサポートをインターネットからしていきます。
当然、他の候補者批判や名誉を傷つける行為は違法になりますので行いません。
詳しくはネット選挙解禁時にこの記事にて追記したいと思います。
●お問い合わせは下記のメールフォームから
【メールフォーム】はコチラから



スポンサーサイト
(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

効果的な介護・老人・福祉施設の広報、宣伝、PR方法

効果的な介護老人福祉施設広報宣伝PR方法


デイサービスなど介護施設がたくさんオープンして、高齢者の入居を増やそうとどこも必死のようですね。
私の先輩やお世話になっている医師もデイサービスを立ち上げて、私の周りはデイサービス激戦区になっています。
しかし、先輩の施設は宣伝広告の見直しをして、インターネットをメインにしました。
結果、ホームページでもなく、ケアマネからでもなくあるものからの問い合わせが増えたそうです。
効果的な介護老人福祉施設の広報宣伝PR方法




どんな宣伝方法なのか?


自社のホームページではなく、利用者、そのご家族の声をインターネット上にたくさん作る宣伝方法でした。
そのクチコミは個人のブログに良い事をたくさん書いてもらい、写真も載せて記事を見せるやり方です。
※入居者の個人情報が漏れないように配慮しているそうです。
Amazonや楽天にあるようにレビューをブログで書いてもらうというものです。
簡単に言うとブロガーに書いてもらう宣伝広告というインターネット広告になります。


それだけで入居者が増えるの?と思いましたが、これには綿密な仕組みがあるといいます。
ブログというと日記というイメージですが、これが個人店や中小企業の経営者の間で高く評価されているそうです。
これらは、インターネット検索をするお客さんの細かなニーズに対してアプローチをかける仕組みになっているそうです。



どんな人がどんな風に記事を書くのか?


メインはプロのブロガーさん。
B級グルメグランプリで以前優勝した甲府とりもつ煮のネット戦略をしたブロガーさん。
介護業界初のブログからの利用者集客として、介護施設激戦区にて利用者集客に成功したそうです。
その方が施設を取材して消費者の目線で主婦、社長、ペットを飼っている人などと連携して利用している入居者のご家族の立場から記事を書いていただくものです。
ブロガーに書いてもらう宣伝広告』です。
その記事は見込み客だけに見せるというピンポイント集客といったこれまでにないまったく新しい宣伝方法と言われています。


特に老人施設は他者によるクチコミがないので、これだけでも同地域の同業者との大きく差をつけられますね。
入居先を探しているご家族はパソコンだけではなく、スマホやタブレットで
「どこが安心なのか?」
「費用はどうなのか?」
と探します。
探した時に、あなたの施設に関する良いクチコミがたくさん表示されれば確かに入居者は増えますよね。
それに、先輩の施設では、ご家族が見つけてケアマネさんにブログ記事を見せて入居者を連れてきてくるという流れができたそうです。




ターゲットを絞る


新聞やチラシ、ポスティングなどは、朝見られてそれ以降は見られず資源ごみになります。
ポスティングやチラシに関しては、世帯数云々より人によっては迷惑行為にすらなりかねません。
なので、その地域の施設をネット検索した際に依頼された施設の情報を、「どこの施設にしようか?」と探している見込み客にしっかり見せる手法をとっているということなんですね。




他社のブログを使った宣伝広告の事例


企業を紹介する際にそれを利用するお客さんが社名や店名が分からなくても「目的」で検索にヒットさせるようなページを作り企業のHPへ誘導する内容です。
インターネット検索をする人は自社HPより第三者の発信した情報を求めています。
私もインターネットでよく探すので理屈はよくわかります。


事例はこちらに記載されています。
ただ、これらは公開できる一部だそうです。全部紹介すると膨大な量になるので、分かりやすいものだけ載せているそうです。
http://ameblo.jp/blog-accessup/entry-11982295055.html


費用は月額¥20,000(税込み)×1年となっています。
※プラン内容によって異なるようです。


近隣の同業者と宣伝広告の差別化をすることで、知人、友人らは新規のお客さんが増えて売上げが上がったということです。
さらにぶどう狩り、桃狩りなどの観光園では、シーズン中にも関わらず提供する果物がなくなってしまうほどの集客効果が出ているそうです。
良いもの、よいサービスも「知られなければ意味がない」ですからね。


こういった新しいブログを使った宣伝広告(リアルなインターネットのクチコミ)を老人介護施設でやっても効果が期待できるでしょう。
1市町村に1業種限定のサービスです。
詳しくはこちらに書いてありますのでご覧ください。
http://casypro.info/blogpr



プロのブロガー平島さんへのお問い合わせ先
【お問い合わせ】
〒400-0853 山梨県甲府市下小河原町308
TEL:090-4544-2578
MAIL:info@casypro.info
HP:http://casypro.info/



(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。