スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

ネット選挙解禁!勝つためのインターネットからの選挙活動広報PRサポート

ネット選挙解禁!勝つためのインターネットからの選挙活動広報PRサポート


ネット選挙が解禁されると
ホームページ、ツイッター、フェイスブックなどを選挙期間中も利用できるようなり、電子メールによる選挙運動は政党と候補者に限定されるがこれも解禁となります。


では、公示前はどうでしょうか?
告示(公示)前は、「政治活動」しかできず「選挙運動」を行うことはできません。
では、選挙運動と政治活動とはどのように違うのでしょうか。
明確な定義づけはありませんが、「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的とする行為」が、選挙運動で
「政党その他の政治団体等が政策の普及宣伝、党勢拡張などを行うことであり、特定の候補者の当選を得るための行為ではない」ことが政治活動であるとされています。
しかし、実際には「政治活動」と「選挙運動」の区別は難しく、政治活動という名目で事前運動が行われることが多いですので注意しなければなりません。
候補者が所属している政党支部としての活動や、その他の政治団体として届け出ている団体(後援会組織団体)の活動がこの「政治活動」にあてはまります。
選挙ナビ - 選挙に役立つ情報サイトより引用



自民党は12日午前の総務会で、夏の参院選からインターネットを使った選挙運動を解禁する公職選挙法改正案を了承した。
公明党、日本維新の会とともに、13日にも衆院に共同提出する方針だ。生活の党、社民党、新党改革、みどりの風も賛成する意向を示しており、今国会での成立は確実とみられる。

同法案は、ホームページ、ブログのほか、簡易投稿サイト「ツイッター」、会員制交流サイト「フェイスブック」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を含めたウェブサイトで、選挙期間中、誰でも特定の候補者への投票などを呼びかけられるようにする内容だ。
※読売新聞 3月12日(火)12時39分配信より


さて、このネット選挙が解禁されるとわたしどものネット選挙サポートが実行されます。
選挙が行われる時期に合わせて、候補者の情報をインターネット上に上げていきます。
その選挙区や他のライバル候補者の情報を探してもその中にサポートを依頼された候補者の情報がいくつも出てくるように仕掛けます。
また、地域問題等TVや新聞などでも取り上げられ注目を浴びている様々な話題にもリンクさせ、候補者のサポートをインターネットからしていきます。
当然、他の候補者批判や名誉を傷つける行為は違法になりますので行いません。
詳しくはネット選挙解禁時にこの記事にて追記したいと思います。
●お問い合わせは下記のメールフォームから
【メールフォーム】はコチラから



スポンサーサイト
(掲載についてのお問い合わせはコチラからお願いいます。)

サイドバー背後固定表示サンプル

サイドバーの背後(下部)に固定表示して、スペースを有効活用できます。(ie6は非対応で固定されません。)

広告を固定表示させる場合、それぞれの規約に抵触しないようご注意ください。

テンプレートを編集すれば、この文章を消去できます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。